読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資で安定的に利益を確保を目指す

日経平均株価トレード実践 投資で利益を確保を目指します。

2017年4月5日火曜日 日経平均株価投資状況 19時18分

買建 1 18,995 17/04/03
17/09/07
-14,543
-0.76%
18,850 0
9 19,000 17/04/03
17/09/07
-135,389
-0.79%
18,850 0

4月より、新規一転更新して、収支も記載していくつもりが

仕事をしながらなので、ついつい更新が滞ってしまいました。

継続しなければなりません。

4月3日に、買いを合計10枚購入して

軟調な相場に伴い含み損を抱えた状況です。

本日13時頃には、かなり下落をしていたので、危なかったです。

早く19000円台に復帰してほしいです。

f:id:satou0215:20170405192530p:plain

東証大引け 反発、米株高や円高一服が支え 値がさに買い◇
5日の東京株式市場で日経平均株価は反発した。終値は前日比51円02銭(0.27%)高の1万8861円27銭だった。
4日の米国株高や外国為替市場での円高・ドル安の一服で投資家心理が改善した。
指数への寄与度が大きいファナックソフトバンクといった値がさ株が買われ、相場を支えた。
 自動車や銀行株には新年度入りし利益を早めに確保したい国内機関投資家から売りが出た。
日経平均は取引時間中には下げに転じる場面があり、
一時は1万8773円を付け1月24日の年初来安値の1万8787円を下回った。
朝方に北朝鮮日本海に向けて弾道ミサイルを発射したと伝わり、
地政学リスクを警戒した外国人による売りも出たとみられる。
JPX日経インデックス400は前日比7.47ポイント(0.06%)高の1万3470.70と小幅に反発した。
東証株価指数(TOPIX)も0.12ポイント(0.01%)高の1504.66と小幅に反発した。
東証1部の売買代金は概算で2兆2324億円で、売買高は18億9216万株だった。
東証1部の値上がり銘柄数は730と値下がりの1154を下回った。
値がさ株の上昇が指数を下支えし、ファナックソフトバンクの2銘柄で日経平均を約50円押し上げた。
変わらずは128銘柄だった。
1兆円の資金調達が必要で銀行に追加融資を要請したと伝わった東芝が上昇した。
HOYAや大東建、セコム、SMCが上昇した。半面、トヨタやホンダ、
SUBARUといった自動車株はいずれも年初来安値を更新した。
三菱UFJやコンコルディなど銀行株も安い。JALやJXTGが下落した。
東証2部株価指数は続落した。シャープと象印が下げ、朝日インテクとJトラストが上げた。